もくじ

Wordpressテーマは「Cocoon」が最強!

ハウツー
蛙のicon

Cocoonとは

Cocoonはブロガーのわいひらさん作のWordpressテーマです。 Simplicityの後続テーマとのことですが、特に繋がりはありません。

多彩な機能

Cocoonはデフォルトで非常に多くの機能を備えています。 「こんな機能がつけたいな」とパッと思いつくようなことは、ほぼすべて実装できると言っても過言ではありません。
しかも現在も日々新しい機能が追加され続けているんです…!

スキンで簡単にデザインが変えられる

Cocoonにはスキンという機能が用意されており、ブログの機能はそのままに見た目だけを手軽に変更することができます。 CSSが触れない人でも、簡単にサイトのイメージチェンジができるのは良いですね。
このスキンはCocoon利用者の方が自作し提供しているものが多く、制作者の個性が反映されているのも大きな特徴です。
どのようなスキンがあるのかは、Cocoon公式サイトのスキン動作デモで確認することができますよ。

内部SEO施策済み

CocoonのSEO設定
Cocoonでは投稿ページ下部にSEOの項目があり、メタディスクリプションやキーワードを設定することができます。 本来であればSEO用のプラグインなどを入れなければいけないので、これが標準搭載されているのはかなりすごい!

アドセンス広告が貼りやすい

ブログでアフィリエイトをするのであれば、Googleアドセンスは外せません。 しかし、アドセンス広告っていちいち自分で広告ユニットを作って貼り付けないといけませんし、それでも思った位置に思った形の広告が表示されない…といったトラブルも多いです。
Cocoonではアドセンス広告の制御も簡単に行えます。 まず、アドセンスの広告コードを貼るのは1か所だけ、そして広告を表示する位置や形もWordpressの管理画面で調整可能です。
さらに表示位置を細かく指定したいのであれば、ショートコードやウィジェットを使って任意のページだけにアドセンス広告を出すこともできます!すごすぎる!

完全無料で誰でも使える

これだけの機能を備えているにもかかわらず、Cocoonは誰でも完全無料で利用できます。 「メンバー登録すれば使えるよ」「ブログにCocoonの宣伝記事を載せるのが必須!」といった利用条件も一切ありません。

利用者が多い

やはり無料テーマということで利用者が多いですね。 たまたま検索してたどり着いたサイトがCocoon製だったことが非常によくあります。
利用者が多いので、「こういう時どう設定すればいいのかな?」と困った時も、検索するとすぐに解決方法が出てくるんです。しかもたくさん。 これは非常にありがたい!

質問や要望はフォーラムへ

どうしても解決できない問題にぶち当たってしまったら、公式のフォーラムで質問してみましょう。 他のCocoon利用者や制作者であるわいひらさんが丁寧に教えてくれますよ。
また、フォーラムには質問だけでなく、「こんな機能があったらいいな」といった要望を書き込むこともできます。 自分のアイデアが実装されるかもしれないと思うと、ちょっとわくわくしますね!

お気に入りのCocoon機能

私が「これは便利だ」と思った機能をいくつかピックアップして紹介いたします。

スマホメニュー

フッターモバイルボタン

フッターモバイルボタン
フッターモバイルボタンは画面下部に固定表示されるスマホ用のメニューです。 しかも、常に表示させておくか、スクロール時は隠しておくかなどの細かい設定もできます。 表示されている項目の数や順番、アイコンなども任意のものに差し替え可能なので、非常に自由度が高く使い勝手が良いんです。

ヘッダーモバイルボタン

ヘッダーモバイルボタン
ヘッダーモバイルボタンは先ほどとは逆に、画面上部に固定した形で表示されます。 こちらもフッターモバイルボタン同様に自由なカスタマイズが可能です。
実は、以前はスマホ用のメニューはフッターモバイルボタンしかありませんでした。 しかしある日、フッターモバイルボタンを改造してヘッダーに固定する利用者が現れたんです。 その後それを真似る利用者が増えたため、ヘッダーモバイルボタンの公式実装に至ったという経緯があります。 ここまでユーザーの需要に応えてくれるテーマもなかなか珍しいですよね。

スマホメニューで設定できる項目

メニュー
ホーム
シェアボタン
フォローボタン
検索
目次へ
ページトップへ
前の記事へ
次の記事へ
コメント欄へ
サイトロゴ
公式で用意されている項目はこれで全部です。 しかし、カスタムリンクをうまく使えば任意のページへのリンクやダウンロードボタンなどを設置することもできますよ。

ブログカード

ブログカード
こんな感じのブログカードも、CocoonならURLを貼り付けるだけで簡単に実装できます。

ショートコード

ショートコードとは、短いコードを書くだけで様々な機能を呼び出せる機能のことです。 ショートコードを使えば、サイト様々な箇所に好きなコンテンツを配置することができます。
Copy of よく使うショートコード
ショートコード
概要
補足
[ad]
アドセンス広告を表示する
広告の形は管理画面で設定できます。
[new_list]
新着記事一覧
属性でカテゴリ・表示数の変更が可能です。
[popular_list]
人気記事一覧
属性でカテゴリ・表示数の変更が可能です。
[sitemap]
サイトマップ
属性で固定ページのみ・投稿ページのみなどの表示が可能です。
[toc]
目次
オプションで見出しの深さを設定できます。
[timeline][/timeline]
タイムライン
年表作成に便利です。

トップページをタブ切り替えにする

※身バレ防止のためコンテンツ部分は隠させていただきました。
こちらは比較的最近実装された機能です。 実装前もタブ切り替えのプラグインと新着記事のショートコードを組み合わせれば似たようなものを作ることはできましたが、公式の機能になったことでより使いやすくなりました。

吹き出し

吹き出し
こんな感じの吹き出しもCocoonなら簡単に実装できます。 もちろんアイコン画像やアイコンの位置、吹き出しの形なども自由にカスタマイズ可能です。
これも本来ならばプラグインを使わなければ実装できないので、テーマにデフォルトで搭載されているのはありがたいでね。

カテゴリページ・タグページ上部に説明文などを入れられる

通常のWordpressサイトでは、カテゴリページやタグページにはそのカテゴリ・タグに属する投稿が一覧で表示されるようになっています。 また、カテゴリページ・タグページは自動で生成されるため、こちらで内容を編集することはできません。 (絶対にできないわけではありませんが、PHPなどを触らなければいけないので難易度が高いです。)
しかし、Cocoonであればカテゴリページやタグページの上部に画像やテキストなどを自由に表示させることができます。 しかも表示されるのは1ページ目のみなので、ページ移動した時の煩わしさもありません。 どんな風になるのか想像できないという方もいると思うので、この機能をうまく使っているブログを1つご紹介いたしますね。
こちらは「ブログ論」というカテゴリのページですが、記事一覧の上にアイキャッチ画像・説明文・人気記事TOP5が表示されています。 こんな風にカテゴリページもコンテンツ化すればページの価値が高まりますし、このカテゴリに属する記事がどんな内容なのかもわかりやすくなるのでユーザーにも優しいです。

Cocoonのここがいまいち?

個人的にはCocoonを超えるテーマはないと思います。 強いてCocoonのデメリットを上げるとすれば、以下の2点です。

アップデート回数が多い

Cocoonは月に1~2回程度の頻度でアップデートが入ります。 一般的なWordpressテーマの更新頻度がどの程度かはわかりませんが、個人的には「またアプデ!?」と思うことが多いです。
ただ、アップデートが多いということはそれだけ日々改善され使いやすくなっているということなので、必ずしもデメリットとは言えません。 何年間もアップデートされず放置されているよりはよっぽど良いです。 手動でアップデートするのが面倒なら、自動更新に設定しておけば済みますしね。

最低限CSSが触れないとキツイかも?

Cocoonは「シンプルでカスタマイズしやすいテーマ」というのがコンセプトの1つです。 ダウンロードしたばかりの素のCocoonサイトを見ると、非常に簡素なことがわかるでしょう。
スキンも用意されていますが、人気のスキンは利用者が多いので被りやすいです。 オリジナリティのあるサイトを作るには、CSSを使って自力でデザイン調整するしかありません。 1からスタイルを触るのが難しければ、同梱されているスキンのどれか1つをコピーし、それをもとに少しずつ手を加えてオリジナルのスキンを作成していくのが良いと思います。

まとめ

今回はCocoonの素晴らしさについて語らせてもらいました。 本当に使えば使うほど新たな良さに気づくテーマです。 何より制作者のわいひらさんが神すぎますし…。
今回紹介したのはほんの一部なので、ぜひ実際にCocoonをダウンロードして使ってみてほしいです!
蛙のicon
ひょんなことからIT業界に迷い込んだ1匹のカエル。知識ゼロからのスタートで四苦八苦。特にJavaScriptが怖い…。