ソフトバンクからLINEMOへ乗り換えを決意!メリットや注意点は?

ライフ
蛙のicon

こんにちは、蛙です。
大手キャリア3社から、それぞれ大容量・格安料金プランの提供が発表されましたね。 私はこれを機にLINEMOに乗り換えるつもりです。
今回の記事では、なぜLINEMOなのか、他社の料金プランとの違いなどについて説明したいと思います。

LINEMOとは

LINEMO
LINEMOはソフトバンクの専用ブランドです。 「リネモ」と読んでしまいそうですが、正しくは「ラインモ」と読みます。
以下は、LINEMO公式がサービス内容として推しているポイントです。
月額税別2,480円(データ通信量20GB)
LINEギガフリー
ソフトバンク回線
5G対応
国内通話定額税抜き500円(1回5分以内)
速度制限にかかっても最大1Mbps
eSIM対応
国際ローミング無料
フィルタリング無料

LINEモバイルとの違い

LINEモバイルはいわゆる格安SIM(MVNO)と呼ばれるもので、通信設備を持たない通信サービスです。 大手キャリアの回線を少し借りて利用しているため、大元となっているキャリアの回線が混雑すると通信速度が遅くなりやすいなどのデメリットがあります。
一方、LINEMOはソフトバンクのブランドなので、回線や通信速度に関してはソフトバンクの他プランと同レベルです。 5Gにも対応していますし、内容としてはLINEモバイルの上位互換だと考えて良いかと思います。
ただし、LINEMOでは20GBのプランしかないため、データ通信量はそこまで要らないからそのぶん安くしてほしいという人はLINEモバイルの方が良かったと感じるかもしれません。

私がLINEMOを選んだ理由

LINEMOは同時期にサービスを開始するKDDIのpovo、ドコモのahamoと比較されることが多いです。 いずれもデータ通信料は20GB、月額使用料は3,000円前後となっており、サービス内容や価格にはほとんど優劣はありません。
その中でも私がLINEMOを選んだ理由は大きく4つあります。

もともとソフトバンクを利用していた

これが1番大きな理由ですね。 私はガラケー時代からソフトバンクしか利用したことがありません。 正直、いまさらキャリア変更するのは面倒です。
LINEMOは、ソフトバンクから乗り換える場合には解除料や手数料は一切かかりません。 MNP予約番号の取得も不要なので、ソフトバンクからの乗り換え作業は非常に簡単です。

SIMカードが届くのを待たなくて良い

LINEMOはeSIMに対応しているので、契約後すぐに使いはじめることができます。 1日ですべての作業が終わるのは非常にありがたいです!
また、eSIMであればSIMカードの抜き差しもしなくて済みます。 SIMカードは非常に小さく繊細なので、慎重に取り扱わなければいけません。 うっかり壊してしまえば大変なことになりますが、そもそもカードに触る必要がなければそのようなリスクも避けることができます。

LINEはいくら使ってもデータ通信量を消費しない

LINEMOのデータ通信量の上限は20GBとなっていますが、LINEのトークや通話などで消費した分はカウントされません。 そのため、実質20GB以上のデータ通信量が確保されているということになります。
また、万一速度制限にかかってしまっても、LINEだけは高速通信のまま利用することができます。 LINEで画像や動画のやりとりをすることが多い人や、ビデオ通話を使う機会の多い人も、LINEMOなら安心です。

LINEスタンププレミアムが無料で利用できる

LINEスタンププレミアムとは、700万種類以上のクリエイターズスタンプが使い放題になるLINEのサブスクです。 LINEMOを契約してれば、夏からはLINEスタンププレミアムのベーシックコースが追加料金なしで利用できるようになります。 本来であれば月額240円かかるサービスですので、かなりお得感がありますね。

乗り換え前に確認しておくべきこと

私はLINEMOは素晴らしいプランですが、格安ということもあり制限も多いです。 気になる部分を5つピックアップしておきましたので、事前にしっかり確認しておいてください。 1つでも無理だと思う点があれば、LINEMOへの乗り換えはやめておいた方が良いと思います。

オンラインでしか契約できない

LINEMOはオンライン上で、自力で契約する必要があります。 また、いざというときの問い合わせもLINEのチャットで行うとのことです。
とはいえ、契約は公式サイト指示通りに操作していくだけで終わるので、よっぽどネットに疎い人でない限りは大丈夫でしょう。 端末の不具合であればアップルやシャープなどのメーカーに問い合わることになりますし、LINEMOに問い合わせが必要になる事態というのもあまり想像できません。
個人的には、何かある度にわざわざショップまで足を運ばなければいけない方が面倒に感じます。

支払いはクレジットカードのみ

LINEMOの支払いは現在クレジットカードのみです。 そのため、クレジットカードの作れない18歳未満の方や、成人済でもクレジットカードを持っていない方はそもそも契約することができません。
ただ、18歳未満の方であっても、保護者に契約してもらい利用者登録することでLINEMOを利用することはできます。 また、今後は口座振替などにも対応する予定とのことです。

おうち割光セットや家族割の対象外

LINEMOはソフトバンクのブランドではあるのですが、おうち割光セットや家族割の適用範囲外です。 そのため、ソフトバンクからLINEMOに乗り換えてもトータルの支払金額はたいして変わらなかったり、かえって高くついてしまう可能性もあります。
私は独り身ですし、インターネット無料のアパートに住んでいるので、この辺りの心配はありませんでした。

通話は有料オプション

LINEMOは、当初の予定では1回5分の通話サービス込みで月額2,980円の予定でした。 しかし、通話サービスをオプションとして切り離すことでさらなる値下げをし、最終的に現在の月額2,480円になっています。
私は普段電話をかけることは滅多にありませんし、どうしても必要な場合はLINE Out Freeを使っているので、大きなダメージはありません。

キャリアメールが使えない

LINEMOに乗り換えすると「@softbank.ne.jp」というような、いわゆるキャリアメールは使えなくなります。 とはいえ、電話番号を使ったショートメールであるSMSはこれまで通り使えますし、Gmailなどのフリーメールサービスを使えばメールアドレスを取得することは可能です。
実際、私は迷惑メールが多くなったため、だいぶ前からキャリアメールはほとんど使わなくなりました。 メールアドレスが必要な場合には、主にYahoo!メールのアドレスを使うようにしています。

まとめ

個人的には、LINEMO頑張ってるなーという印象が強いです。 ソフトバンクの請求締め日の関係でまだLINEMOの契約には至っていないのですが、先行エントリーは済ませていますので近々乗り換え作業を行うと思います。 無事作業が終わったらそちらも記事にするので、楽しみに待っていてください!
最後に、LINEMOに向いている人と向いていない人をまとめてみようと思います。

LINEMOに向いている人

現ソフトバンクユーザー
LINEの使用頻度が高い
電話・メールの利用頻度が低い
オンライン契約に抵抗がない

LINEMOに向いていない人

LINEを普段あまり使わない・LINEに対して不信感がある
電話・メールがこれまで通り使えないと困る
ガラケーやシニア向けスマホなど、LINEMO非対応の端末を使っている
オンライン契約に自信がない
LINEMO
ソフトバンク
蛙のicon
ひょんなことからIT業界に迷い込んだ1匹のカエル。知識ゼロからのスタートで四苦八苦。特にJavaScriptが怖い…。