もくじ

Adobeポートフォリオは、HTML知識がなくても短時間でおしゃれ&限定公開ができるサイトが作れます。

ハウツー
コロのicon
コロ

ポートフォリオが無料で公開できる

Adobe Protfolioはポートフォリオをウェブブラウザ上の操作だけで作成、公開できるサービスです。
Adobe Creative Cloudに含まれているサービスの1つで、無料で使うことができます。
この記事ではアドビポートフォリオでできることを紹介します。
(使い方はおって公開予定です!)

Adobe Portfolioでできること

画像とテキストを配置していくだけで短時間でサイトが作成できます。
An image from Notion
ポートフォリオ、1枚もの(LP, welcomeページ)が作れる
Behance, Lightroom, Adobe Stock と連携可能
Adobe Fonts使用可能

あまり知られていない機能

独自ドメイン使用可能
パスワード機能(サイト全体 or ページ単位で鍵がかけられる)
Googleアナリティクストラッキング
metaタグなどの設定(SEO対策)
favicon登録、OGP画像(SNSシェア時の画像)登録

独自ドメイン設定方法

💡
設定 → ドメイン名
ドメイン購入まで必要ないなという方は、サブドメインを任意の名前に変更できます。
サブドメインは5回変更ができます。
An image from Notion

サイト、ページに鍵をかける方法

1ページだけパスワードを設定する

💡
左カラム ページ → 設定したいページの歯車マークをクリック → ページパスワードを追加
An image from Notion

サイト全体にパスワードを設定する

💡
設定 → パスワード保護
An image from Notion
鍵をかけてアクセスしてみると、パスワード入力を求められました。
An image from Notion

SEO対策

title, description, keywordなどメタタグの設定、検索エンジンへのインデックス送信も可能です。
An image from Notion

ウェブサイト解析

Googleアナリティクスでトラッキングコードを発行するとサイト解析ができます。
An image from Notion

使えるのはAdobe CC購入者だけ

Adobe Creative Cloudのフォトプラン(980円/月) or コンプリートプラン(4,980円/月)を購入している方は無料で5サイトまで作成できます。

安く購入する方法

Adobeのアプリを使うと制作の幅が広がる + オリジナルのポートフォリオサイトが無料で公開できます。
値段が高くてちょっと・・・という方でも、デジハリなら学割料金(39,980円/年)でコンプリートプラン購入が可能です。
月額約3,332円でPhotoshop、 Illustrator、Premiere Proなど20以上のアプリやPortfolioのようなウェブサービスが使えます。

ポートフォリオは必須?

ポートフォリオは必須ではありませんが、デザイナー、イラストレーター、フォトグラファー、WEBエンジニアの方が仕事を探すとき、転職するとき、情報発信の場として用意しておくと仕事の依頼が来やすくなります。
クラウドワークスなどクラウドソーシングで案件に応募する時にも必要です。

サイトをもっと簡単につくる方法

ポートフォリオを作る方法はいくつかあります。
ノーコードツールを使う(← Adobe Portfolioはこれ)
RESUME のようなポートフォリオサイトを使う
Wordpressを使ってサイトを作成する

Wordpress

Wordpressでポートフォリオを自作するという方法は、オリジナリティを出せますがウェブサイト制作、サーバー契約、ドメイン取得、公開作業などが必要で、初心者には少しハードルが高い&時間がかかってしまいます。

RESUME

RESUMEのような既存のテンプレートにそってつくるポートフォリオはオリジナリティは出しにくいですが、すぐに必要な時に重宝します。

Adobe Portfolio

コーディングの知識不要、サーバー周りの作業なしで、オリジナルなポートフォリオが作成できます。
あまり時間はかけられないけどお洒落なサイトを作りたい方にぴったりです。

Abode Portfolio作例

ノーコードツールでは自由度の低いサイトしか作れないイメージがあるかもしれませんが、Portfolioではオリジナルなサイトを作ることができます。
コロのicon
コロ
飼い猫と食べ物のことを考えてたら1日が終わってます。Reactでいろいろ作りたい