もくじ

紛失したスマホを探す方法!GPSを切っていても大丈夫

ライフ
蛙のicon

こんにちは、蛙です。
スマホをうっかりなくした!なくしそうになった!という経験、誰でも1度はありますよね? 会社や家の中ならまだしも、外出先で紛失してしまうと自力で探し出すのはなかなか困難です。
今回は、なくしてしまったスマホを安全に手元に取り戻すための方法をお教えします。

iPhoneの場合

1. PC・iPadなどインターネットに接続できるデバイスを用意する

iCloudに接続するために、インターネットを使う必要があります。
スマホは紛失していて手元にないと思うので、PCやタブレット端末を持っている人はそちらを使ってください。 ない人は家族や知人に頼んで借りたり、ネットカフェなどを利用しましょう。

2. iCloudにサインイン

いつもApp Storeでアプリを購入する際に使用しているアカウントでサインインしてください。

3. 「iPhoneを探す」を選択

iCloudホーム
サインインするとアプリアイコンが並んでいるような画面に移動します。 右下の「iPhoneを探す」のアイコンをクリックしてください。
ここで再びパスワードの入力を求められることがありますが、これも先ほど入力したパスワードと同じで大丈夫です。

4. iPhoneの現在位置を確認!

iCloud iPhoneを探す
スマホの位置が地図上に表示されます。 スマホのGPSを機能を切っていてもいる場合でも、自動的にオンになり表示されるのでご安心ください。
デバイスが複数ある場合には、探したいスマホを選んでください。

スマホの充電状況の確認

スマホの電池残量を確認することができます。 充電切れになると位置情報が確認できなくなるため気をつけましょう。

サウンド再生

クリックすると、なくしたスマホから音が流れます。 家の中などでなくした場合には、これでスマホの位置を特定することができます。

紛失モード

交番や行った覚えのない場所にスマホがある場合、誰かに拾われている可能性があります。 そんな時は紛失モードを活用しましょう。
紛失モードでは、以下の設定を行うことができます。
パスコードの設定 スマホにパスコードをかけていない場合、ここから設定することができます。 スマホの悪用を防ぐためにも、必ず行っておきましょう。
連絡先の設定 自宅の固定電話や家族のスマホの電話番号などを連絡先として紛失したスマホの画面に表示することができます。
メッセージ表示 スマホを拾ってくれた方に向けて、メッセージを表示することができます。 例)拾ったら表示の電話番号まで連絡ください。

Androidの場合

1. PC・iPadなどインターネットに接続できるデバイスを用意する

Googleアカウントにログインするために、インターネットを使う必要があります。
スマホは紛失していて手元にないと思うので、PCやタブレット端末を持っている人はそちらを使ってください。 ない人は家族や知人に頼んで借りたり、ネットカフェなどを利用しましょう。

2. Googleアカウントにログイン

スマホに設定しているアカウントでログインしてください。

3. セキュリティ→お使いのデバイス→紛失したデバイスを探す

Googleアカウント
ログインできたら、まずは左カラム(スマホではヘッダーの下)に表示されているメニューから「セキュリティ」の項目を選択してください。 その後表示されるページで、少しスクロールすると「お使いのデバイス」という項目がありますので、そこから「紛失したデバイスを探す」というボタン選択します。

4. デバイスを探す機能でできること

スマホの現在位置の確認
スマホの充電状況の確認
接続しているネットワークの確認
音を鳴らす
端末のロック・Googleアカウントからログアウト
端末データの消去

まとめ

スマホは個人情報の塊です。 しかし、どんなに頑張ってもスマホの紛失リスクをゼロにすることはできません。
実は、今回の方法は実際に知人がスマホを紛失した際に私がググって見つけた方法なんです。 その時はバスの車内に落としていたようで、遠くのバスの営業所まで取りに行くことになりちょっと苦労しました…。
今回ご紹介した方法は特に事前の設定も必要なく、誰でも行うことができるので、覚えておいて損はないと思います。
それにしても、位置情報が確認できるだけでなく、遠隔操作でロックをかけたりメッセージを表示したりできるなんて凄いですよね! 技術力の進歩を感じます。
蛙のicon
ひょんなことからIT業界に迷い込んだ1匹のカエル。知識ゼロからのスタートで四苦八苦。特にJavaScriptが怖い…。