雑記ブログは要注意!Googleからのサイト評価が下がる可能性があるらしい…

ハウツー
蛙のicon

こんにちは、蛙です。
つい最近こんな記事を見つけたので、Web関係者としては見過ごせない!と思い記事に起こしてみました。
YMYLコンテンツと非YMYLコンテンツを1つのサイトで混ぜて公開すべきでない、Googleのアルゴリズムが判断に迷う | 海外SEO情報ブログ
レベル: 中級] YMYL コンテンツと 非 YMYL コンテンツを同じサイトで公開しないほうがいい。混ざっていると、Google の扱いが難しくなる。 Google の John Mueller(ジョン・ミューラー)氏は、オフィスアワーでこのようにアドバイスしました。 YMYL (Your Money, Your Life) に該当するような慎重に扱うべきセンシティブな内容のコンテンツと、人生にさほど大きな影響を与えない、ささいな内容のコンテンツを 1 つのサイトで一緒に公開していると、どういったサイトなのかを判断することが Google には難しくなります。 結果として、YMYL に関わりが深いサイトなのに関係が薄いとみなされることがあるかもしれません。逆に、全体的には YMYL とは関連性が薄いサイトなのに関係が深いとみなされることがあるかもしれません。サイト内のすべてのページのランキングにも影響してきます。 実際に起こりうる似たような例としてわかりやすいのは、アダルトサイトの判定です。アダルトを専門的に扱っているわけではなく、ときどきアダルト系のコンテンツを公開していたとします。にもかかわらず、そのサイトを完全なアダルトサイトだと Google は認識してしまうことがありえます。すると、サイト内の 非 アダルトコンテンツまでセーフサーチに引っかかってしまいます。 同じように、YMYL 系コンテンツと非 YMYL コンテンツを混ぜて公開していると(特にコア アップデートによって?)非 YMYL コンテンツまで大きな影響を受けることがありそうです。 真剣な内容のコンテンツと軽い話題のコンテンツ、両極端なコンテンツを 1 つのサイトのなかで一緒に公開することは推奨されません。そのサイトをどのように扱うかべきか Google が判断に迷う要因になってしまいます。 URL 構成によって、コンテンツのテーマの分類を Google に伝えることは可能です。たとえば、 アダルトコンテンツは特定のサブディレクトリで分けて公開すると、そのサブディレクトリのなかのコンテンツだけがアダルト関連だと Google は認識しやすくなります。同じように、YMYL に関係するコンテンツを専用のディレクトリに配置して URL で区別させることは識別に役立ちます。 しかしながら、URL で区切るこの方法は 100% の保証はありません。 サイトのテーマを Google に明確に伝えるにはサイトを分けるのが安全です。つまり、YMYL に関係するようなコンテンツは完全に別のサイトに分けて公開するのが Google に区分けを伝える最も確実なやり方になります。
https://www.suzukikenichi.com/blog/you-shouldnt-mix-ymyl-and-no-ymyl-content-on-the-same-site/
最近のGoogleアップデート、どんどんよからぬ方向に進んでいる気がします…。

YMYLとは

YMYLとは、”Your Money or Your Life”の頭文字を取ったものです。 「お金と生活」と言われてもあまりピンときませんが、人々の生活に与える影響の大きいコンテンツがYMYLに該当します。

YMYLに該当するトピック

Googleのガイドラインによると、以下のようなトピックがYMYLに該当するそうです

News and current events(ニュース・時事問題)

news about important topics such as international events, business, politics, science, technology, etc. Keep in mind that not all news articles are necessarily considered YMYL (e.g., sports, entertainment, and everyday lifestyle topics are generally not YMYL). Please use your judgment and knowledge of your locale.
国際的なイベント、ビジネス、政治、科学、テクノロジーなどの重要な話題に関するニュースが該当します。 すべてのニュースが必ずしもYMYLとみなされるわけではありません。(スポーツ、エンタテイメント、ライフスタイルなどのトピックはYMYLではありません。) 場面ごとにあなたの考えで判断してください。

Civics, government, and law(公民、政治、法律)

information important to maintaining an informed citizenry, such as information about voting, government agencies, public institutions, social services, and legal issues (e.g., divorce, child custody, adoption, creating a will, etc.).
選挙、政府機関、公共機関、社会サービス、法律問題などの(離婚、子どもの親権、養子縁組、遺言書の作成など)市民が必要とする重要な情報。

Finance(財務)

financial advice or information regarding investments, taxes, retirement planning, loans, banking, or insurance, particularly webpages that allow people to make purchases or transfer money online.
投資、税金、退職金制度、ローン、銀行、保険などに関する財務のアドバイスや情報など。 特にオンラインで購入や送金のできるWebページ。

Shopping(ショッピング)

information about or services related to research or purchase of goods/services, particularly webpages that allow people to make purchases online.
商品やサービスの調査・購入に関する情報など。 特にオンラインで商品購入することができるWebページ。

Health and safety(健康・安全)

advice or information about medical issues, drugs, hospitals, emergency preparedness, how dangerous an activity is, etc.
医療問題、薬、病院、緊急時の備え、アクティビティの危険性などに関するアドバイスや情報。

Groups of people(人々の集団)

information about or claims related to groups of people, including but not limited to those grouped on the basis of race or ethnic origin, religion, disability, age, nationality, veteran status, sexual orientation, gender or gender identity.
特定の人種や民族、宗教、障害、年齢、国籍、退役軍人、性的指向、ジェンダーや性自認の人々に関する情報や主張。 ただし、これらのグループのみに限定しない。

Other(そのほか)

there are many other topics related to big decisions or important aspects of people’s lives which thus may be considered YMYL, such as fitness and nutrition, housing information, choosing a college, finding a job, etc. Please use your judgment.
ほかにも、フィットネスや栄養学、住宅情報、大学選び、仕事探しなど、人生の重要な場面や大きな決断に関連するトピックなどもYMYLとみなされる可能性があります。 自己判断でお願いします。

YMYLコンテンツの評価方法

悪質な詐欺サイトやフェイクニュースなどが検索で上位に表示されてしまうと、多くの人の生活に支障が出てしまいますよね。 そのため、GoogleではYMYLカテゴリに該当するWebページは特に厳しく内容を評価するようにしています。
こんなの当たり前じゃないの?と思うかもしれませんが、人間がいちいちWebページを見て判断するのではなく、AIを使って機械的に評価しようとするとすさまじい技術が必要です。 Googleほど精度の高い検索エンジンは他にありません。 例えば、同じ検索エンジンでも、Bingは怪しいページが上位にきやすいという意見が多いです。
Bing、まだ使ってる? 不正確で危険な検索結果が多いとの指摘も...
Jennings Brown - Gizmodo US [原文] ( 湯木進悟 ) DuckDuckGoはどうなんだろう。 検索エンジン、なにを使ってますか? もう Google(グーグル)以外の検索なんて、存在していないに等しいだなんてユーザーは、結構いるのでは? でも、そのほかの検索エンジンとしては、Windowsユーザーであれば、Microsoft Edgeブラウザのデフォルト設定でもある Bing を使っている人が、まだ一定数はいることでしょう。 このほど 米スタンフォード大学(Stanford University)の サイバー政策センター(Cyber Policy Center)は、GoogleとBingの検索エンジンを比較調査した レポートを発表。どちらも、それぞれ異なった視点で検索結果が提供されるので、使い分けてみるのはよいのかと思いきや、なななんと、Bingを使うと、間違っていたり、意図的に危険な情報にたどりつく恐れが非常に高いと 警告 されていますよ! たとえば、上のグラフは、同じ検索ワードをGoogleとBingで調べ、そのトップ50の検索結果を比較したものです。青い目盛りは、問題ないリンクですが、そのほかの色の目盛りは、誤っていたり、 悪質で 危険なリンクが現われたことを表示。Bingの検索結果は、ユーザーに示すべきでないリンクを、Googleの 10倍近い確率 で示すにいたったことが明らかにされていますね。 ただ不正確で古い情報だけであればまだしも、Bingには、 フェイクニュースや 人種差別を促進することを狙う組織団体が、 意図的に検索結果の上位に表示されるよう仕組んだものが、Googleより多数出てきてしまうことが判明。その背後には、ロシアや白人至上主義者などの 暗躍が認められたんだとか。Googleは、検索結果を操作しているだなんて 指摘もありましたけど、こうやって考えるならば、有害な情報が混入しないように 排除する取り組みに、一定の 成果 が出ているととらえる向きもあるやもしれません。 なお、今回の調査発表を受けて、 Microsoft(マイクロソフト)の広報担当者は「ユーザーエクスペリエンスの向上および改善に向けて、常に 努力が払われており、Bingの検索結果が、もっとも関連性の高い正確なものとなるように努めることも、そこに含まれています」と語っています。もしおかしな検索結果が表示された場合は、サイトから 情報提供をすることも呼びかけられており、今後は 改良 されていくのかもしれません。 Bingは、美しい壁紙が評判だったり、Google以外の検索エンジンだって使いたいので、きっと応援している人は少なくないでしょうから、 検索精度の向上 が形になって表れてくるといいですよね。 Source: Cyber Policy Center
https://www.gizmodo.jp/2019/12/bing-reported-to-be-less-accurate-than-google.html

YMYLコンテンツと非YMYLコンテンツはサイトを分けるべき?

Googleによると、上記のようなYMYLを含むコンテンツとそれ以外のコンテンツは同サイト内に共存させるべきではないとのことです。 Googleがサイトをどう扱うべきか迷うため、サイトがきちんと評価されなくなる可能性があります。 つまり、サイトの検索順位が下がる可能性があるんです。

本当にサイトを分けるべきなのか

全てを分けるのは現実的に無理があると思います。 例えば、多くのニュースサイトでは政治や国際的な話題も扱いますが、芸能人の結婚などのエンタメ系の話題も混ざっています。 ニュースの内容によっていちいちサイトを分けるのはユーザーにとっても不便ですし、あまり良い結果になるとは思えません。 そもそもどんなトピックがYMYLに該当するのかも曖昧な部分が多く、実際の判断はGoogleのみぞ知るといったところでしょうか。
また、サイトの評価が下がってしまうのはあくまでもサイト内にYMYL的に低評価なページがあった場合です。 もしYMYLと非YMYLが1つのサイトに混在していたとしても、どちらのも高評価をされているのであれば、サイト全体の評価が下がってしまうことはまずありません。 YMYLと非YMYLを分けるべきというのは、あくまでもどちらかに低評価コンテンツが含まれている場合にもう一方も巻き添えにならないためのリスク分散のためです。

Googleの順位を気にしすぎない!

リスク分散という観点で考えるのであれば、Googleからの自然検索流入にのみ頼るというのも危険です。 Googleの評価基準はいつ変わるかわかりません。 そのため、Googleの検索順位が急に下がったとしてもセッション数を保つための工夫が必要です。
Twitter・InstagramなどのSNSで情報配信
ブログなら読者登録のできるアメブロ・FC2ブログなどを利用する
お店のサイトならポータルサイトを活用する
セミナーや勉強会などで集客するのもアリ

まとめ

今回の件をまとめると、「コンテンツ内容に自信があるなら特別な対策は必要なし!」「Google以外からの集客も確保するべし!」といったところです。
いまのところGoogleの対抗馬となる検索エンジンがないのでやむを得ない部分もありますが、Googleに振り回されすぎるのも考えものだと思います。 もちろん、最低限のSEO対策は必要ですが、最近は脱SEOやアンチGoogleを訴える人も多いです。
私もSEO対策のやり過ぎは良くないな…と思います。 SEOってその時のGoogleの好みってことなので、ガチガチにSEO対策するとGoogleの好みが変わった時に簡単にサイト順位が落ちてしまうんですよね。 順位が落ちた時点でGoogleにとっては昔の恋人みたいなものなので、愛され続けるにはGoogle好みにサイトを変え続けないといけないのですが、それってかなりしんどいです。
Googleの方針やガイドラインにすべて従う必要はありません。 息の長いサイトにしたいのであれば、Google以外からの集客方法も考えてみてください。
SEO
Google
蛙のicon
ひょんなことからIT業界に迷い込んだ1匹のカエル。知識ゼロからのスタートで四苦八苦。特にJavaScriptが怖い…。