もくじ

コピーするだけで即翻訳!DeepLデスクトップがとっても便利

ライフ
ウエのicon
ウエ

こんにちは、ウエさんです。
私は英語がからっきしなので、いつも単語を調べる時には翻訳ソフトやサービスのお世話になっています。
そんな私が今一番利用しているのは、このDeepLです。

翻訳がスムーズになるDeepLデスクトップ

DeepLデスクトップ
これまではGoogle翻訳のお世話になっていたのですが、DeepLデスクトップの便利さを体感してからは、もうこればかり使っています。

⌘Cを2回で翻訳!

コピー2回で翻訳できる
💡
command(Ctrl)+c ×2回
コピー2回、これだけでなんと、アプリが勝手に立ち上がり、コピーしたテキストを翻訳してくれます。
ちょっと立ち上がりに時間がかかるときもありますが、いちいち自分で立ち上げる必要もなく、非常に楽ちんです。

翻訳したものをその場で挿入!

なんと翻訳したものをその場で挿入できてしまいます!
すごく便利!
しかも翻訳したものに手を加えることも可能なので、翻訳した文書にテキストを追加して挿入ということも可能です。

ファイルごと翻訳も可能!

ファイルごと翻訳も可能
ファイルごと翻訳も可能!
Google翻訳の場合、いったんGoogleドキュメントにアップしてからでないと翻訳ができないので、こちらの方が英語のファイルをまとめて翻訳するのに便利です。

何より翻訳がきれい

Google翻訳で気になるのが、日本語翻訳が雑だなという点です。
単語を調べるなら問題ないのですが、長文になると翻訳したものを参考に、こちらで推理しないといけないのは、ちょっとキツイです。
しかし、DeepLはかなり翻訳がきれいなので、Google翻訳ほどは気になりません。
例(The Count of Monte Cristoby Alexandre Dumas, péreより引用)
As usual, a pilot put off immediately, and rounding the Chateau d’If, got on board the vessel between Cape Morgion and Rion island.
Google翻訳
いつものように、パイロットはすぐに延期し、シャトー・ディフを一周して、モーギオン岬とリオン島の間の船に乗り込みました。
DeepL
いつものように水先案内人がすぐに出発し、シャトー・ディフを回り込んで、モルギオン岬とリオン島の間で船に乗り込んだ。
モンテ・クリスト伯の一節ですが、だいぶ翻訳に差がでますね。
DeepLの方が訳が自然です。

無料で使えるのが嬉しい!

普段日常生活で使うのであれば、無料版でまったく問題ありません。単語を調べたり、資料の文章を翻訳したり、無料版でもストレスなく使うことができます。
私のように英語ができないのに、英語を翻訳しないといけないことが多い人に、オススメのデスクトップアプリです。

有料版(DeepL Pro)を使った方が良い場合

無料版との大きな違いは、サーバーへデータが保存されるかどうかのようです。
その辺の単語や既存の資料などに関してはデータベースに一時的に保存されても問題はありませんが、もし会社の書類や機密文書など秘匿性の高いビジネス文書に使うのであれば、有料版を使う必要があります。
その他では、APIを利用したり、翻訳できる文書形式が無料版ではMicrosoft Word(.docx)とPowerPoint(.pptx)のみに対し、有料版ではテキスト形式(.txt)も可能です。
また翻訳テキストの文字数制限も解除されるので、本格的に翻訳が必要な人も有料版をオススメします。
ウエのicon
ウエ
シンママ子1猫1。30代後半からweb制作の仕事をはじめ、現在肩こり悪化が最大の悩み。