もくじ

All-in-One WP Migrationがうまく使えない時の解決策

ハウツー
蛙のicon

こんにちは、蛙です。
Wordpressサイトのサーバー移転には、All-in-One WP Migrationというプラグインを使う人が多いと思います。 しかし、実はこのプラグインがうまく使えないケースもあるんです。 私も自サイトの移転時に少し手間取ったので、解決方法をこちらの記事にまとめておきます。

All-in-One WP Migrationとは

All-in-One WP Migrationは、簡単にWordpressサイトのサーバー移管が行えるプラグインです。

All-in-One WP Migrationでできること

エクスポート

エクスポートとは直訳すると「輸出」という意味です。 ここでは、サイトの情報を取り出す作業のことをエクスポートと言います。
取り出すといっても、サイトの中が空になってしまうわけではないので安心してくださいね。 簡単に移動できるようにサイトの情報をコンパクトにまとめただけなので、エクスポート後もサイト自体はこれまで通り管理・閲覧が可能です。
エクスポート先は無料版ではファイルしか選べませんが、有料版ではDropboxやGoogleドライブなども選択できるようになります。

インポート

エクスポートの逆で、インポートは「輸出」という意味です。 エクスポートしたサイトのデータを、新しいサーバーに取り入れる作業のことをインポートと言います。
インポートにもAll-in-One WP Migrationが必要になるので、あらかじめ新サーバーの方でもWordpressとAll-in-One WP Migrationのインストールを済ませておきましょう。 また、WordpressやPHPのバージョンも元サイトに揃えるなど、移転元と移転先でなるべく環境を同じにしておけばトラブルが起こりにくくなり、より安全にインポート作業が行えます。

バックアップ

サイトのデータのバックアップを取ることができます。 Wordpress本体の大きなアップデートの前などは、念のためにバックアップを取っておくと安心です。
バックアップデータは管理画面からダウンロードすることができます。 また、アップデートに失敗して管理画面に入れなくなったという場合には、FTPソフトを使ってサーバーから直接取り出すこともできます。 wp-content/ai1wm-backupsフォルダ内にある.wpressファイルがバックアップデータなので、こちらを取り出して利用しましょう。

All-in-One WP Migrationを使ったサーバー移転の流れ

元サイトでの作業

1.
All-in-One WP Migrationをインストールする
2.
データをエクスポートする

移転先サイトでの作業

1.
Wordpressをインストールする
2.
WordpressにAll-in-One WP Migrationを入れる
3.
元サイトでエクスポートしたファイルをインポートする
💡
うまくインポートできなかった場合、エクスポートファイルを作り直さなければいけなくなる可能性が高いです。 無事移転作業が終わるまで、元サイトは絶対に消さずに残しておいてください。

移転作業に失敗するケース

All-in-One WP Migrationを使ったサーバー移転作業は非常に簡単です。 しかし、単純な作業だからこそ手順を間違えることが少なく、失敗した際に何が悪かったのかわからないといった事態に陥りやすいと感じました。
インポートできない場合・エクスポートできない場合の対処方法をそれぞれまとめましたので、参考にしてみてください。

エクスポートできない

エクスポートの際に「サーバーに問題が発生しました」などの文言が表示され、エクスポートファイルがダウンロードできないことがあります。 私も確かこのような状況になった覚えがあります…。
しかしこの場合には、エクスポートファイルの生成はできているのになぜかダウンロードができないというケースがほとんどみたいです。 そのため、Wordpressの管理画面からダウンロードができなければ、FTPソフトを使ってサーバーから直接ファイルを取り出せばいいんです!
エクスポートファイルは、バックアップデータと同様にwp-content/ai1wm-backupsフォルダ内に生成されています。 おそらくエクスポート作業をした日に更新された.wpressファイルがあるはずなので、そちらをダウンロードして使ってください。

インポートできない

インポートに失敗する最大の原因は、エクスポートファイルの容量です。 特に長年続けていて記事数の多いサイトの場合、エクスポートファイルのデータ容量が大きくなりすぎてアップロードできないことがあります。

1. エクスポートファイルの容量を小さくする

この場合、エクスポートファイルを作り直すのが手っ取り早いです。 とはいえ、同じように作っても容量の削減はできないので、余計なデータを切り捨てなければいけません。 ひとまず、「メディアライブラリをエクスポートしない」にチェックを入れてエクスポートしてみてください。 画像や動画のデータ容量は非常に大きいので、これだけでかなりエクスポートファイルの容量が小さくなったと思います。 このファイルがインポートできれば、容量の問題はクリアです!
インポートできた! →3 まだインポートに失敗する… →2

2. サーバーのアップロード上限を増やす

これでもインポートできない場合は、サーバーのアップロード上限に引っ掛かってる可能性があります。 サーバーの管理画面からアップロード上限を増やすことができないか確認してみてください。 例えば、私の使用しているカラフルボックスであれば、以下のような手順で上限値の変更が可能です。
他サーバーでもおそらく同じような設定変更はできると思います。 設定変更ができたら、再度インポートを試してみてください。

3. メディアデータのアップロードを忘れずに

上記の方法で、メディアなし状態のインポートまではできましたね。 しかし、このままでは画像の全くないサイトになってしまいますので、メディアファイルは別で取り出してアップする必要があります。 メディアファイルは元サイトのwp-content/uploadsフォルダ内に年別に分けて収納されているので、これをFTPソフトを使ってすべてダウンロードし、移転先のサーバーの同名フォルダ内にアップロードしてください。
以上で移転作業はすべて終了です!お疲れさま!

まとめ

「All-in-One WP Migrationを使えば移転作業がすごく簡単!」みたいに書かれている記事が多いので、いざ自分で試してみてうまくできないとかなり焦りますよね。 心がくじけてしまって、有料の移行代行サービスを使う羽目になったという人もいるかもしれません。 今すぐ移転したい!という場合には自分で、対処法を調べるよりもお金で解決した方が手っ取り早いと思いますし。
とはいえ、今回紹介したもFTPソフトを使用するので、初心者の方にはやや難しく感じるかもしれません…。 FTPソフトの詳しい使い方などについても、また記事にできれば(もしくは誰か別のメンバーが記事にしてくれれば)と思います。
ちみに、私が普段使っているFTPソフトはFileZillaです。
蛙のicon
ひょんなことからIT業界に迷い込んだ1匹のカエル。知識ゼロからのスタートで四苦八苦。特にJavaScriptが怖い…。