もくじ

社会人だけどAdobe CCを学割で使いたい!そこでデジハリの『Adobeマスター講座』を契約してみた

トピック
ウエのicon
ウエ

こんにちは、ウエさんです。
今日はデジハリの『Adobeマスター講座』でアカデミック版Adobe Creative Cloudコンプリートプランを契約した話をしようと思います。
Adobe Creative Cloud(以下Adobe CC)コンプリートプランは、Adobeで提供している全ての製品を使うことができるプランです。
今回私はそのプランをデジハリの『Adobeマスター講座』を契約することで、
通常年額72,336円講座費用込みで年額39,980円で契約することができました!
『Adobeマスター講座』は受講するだけで、なんとAdobe CCコンプリートプラン(アカデミック版1年分)とAdobe CCのソフトの使い方を学べる動画が付いてくるんです!
その他受講にかかる費用や勧誘も一切なし!
誰でも安心して契約できるので、これからAdobe CCを契約しようとしている人にとってもオススメです!

AdobeCCは高い!

AdobeCCの金額いついて
デザイナーはもちろんのこと、フォトグラファーやイラストレーター、漫画家、動画編集者などさまざまな人からのニーズが高いAdobe製品ですが、フォトプランだけならまだしもイラストには欠かせないIllustratorや動画編集のPremiere Proなどを単体で契約すると結構な金額になってしまいます。

使ってみたいソフトがあっても手が出しにくい

実際使いたいソフトが複数ある場合には、単体プランではなくすべての製品の入ったAdobe CCコンプリートプランが一番ベストです。
しかし月額6,248円(年額なら72,336円)と結構な出費になってしまい、私の場合、結局一番使うPhotoshop(月額1,078円)Illustrator(月額2,728円)を単体プランで契約していました。
毎月3,806円(年間41,712円)とコンプリートプランに比べると安いですが、これ以上はやはりキツイ……。他にも使いたいソフトがありましたが断念していました。
※金額は2021年3月現在の金額です。

Adobe CCコンプリートプランを安く購入する方法を調べてみた

そこで通常価格よりも安くAdobe CCコンプリートプラン(12カ月版)を契約する方法を調べてみました!
Adobe Creative Cloud学生・教職員個人向け(アカデミック版の購入)
Adobeの公式サイトやAmazonのセール

●Adobe Creative Cloud学生・教職員個人向け

こちらはいわゆるアカデミック版と言われるものです。
学生や教職員用ではない限り、通常アカデミック版の購入はできません。

セールでオンラインコードを購入する

Adobe CCコンプリートプラン(12カ月版)はたまにAdobe公式やAmazonで安くなる時があります。最大で50%OFFだったこともあるようですが、20%OFFが多いようです。
毎回割引率が異なる上、セールの時期を待たなくてはいけません。
やる気がある今使いたい!そんな時にはこの手は使えません。
他にクーポンがあるかと思って調べましたが、残念ながらそういうものは無さそうでした。

Adobe CCコンプリートプランを誰でも学割で契約できる方法

それなら学割でAdobeのソフトを安く契約することができたらいいな〜と思ったことはありませんか?
学生や教職員のように安く契約したい。でも社会人だし、専門学校とか通う暇もお金もない。
色々調べた結果、デジハリの『Adobeマスター講座』に辿り着きました。

動画で学べるデジハリの『Adobeマスター講座』

デジハリのAdobeマスター講座
デジハリのAdobeマスター講座であれば、
Adobe CCコンプリートプラン(12カ月版)を72,336円39,980円(税込)なんと44%OFFで契約できます。
しかもそれ以外にかかる費用は一切なし!
Adobe CCコンプリートプランが使えて、その上動画を使ってソフトの使い方を学ぶことができるので、これからAdobeのソフトを使ってみたいという初心者にはうってつけの講座です。
もちろん、Adobe CCコンプリートプランのみが目当ての人でも契約できますので、安心してください。

デジハリとは一体どんな学校か

Adobeマスター講座を受講できるデジハリの正式名称は、『デジハリ・オンラインスクール』と言います。
webやCG、動画やプログラミングの通信講座で、Adobeマスター講座以外にもたくさんの講座があります。
デジタルハリウッド株式会社という企業が運営しており、事業としてクリエイター養成スクールのデジタルハリウッドや、四年制のデジタルハリウッド大学があります。
デジハリ・オンラインスクールは、クリエイター養成スクールのデジタルハリウッドとは系列は同じですが異なる学校だということでした。

こんなに安く使えるなんて怪しい?

Adobeのスクールパートナーページ
調べてみるとデジタルハリウッドは、Adobeのプラチナスクールパートナー契約をしているとのことで、実際にAdobeのプラチナスクールパートナーのページにはデジタルハリウッドが紹介されています。
💡
Adobeのプラチナスクールパートナー 『アドビが指定した通学コースおよび通信教育コースに在籍する受講者に特別価格でアドビ製品を提供することが認められています。』
デジハリがAdobeと正規契約し、プラチナスクールパートナー価格での提供を認められていることが分かりますね。

学割の値段よりもちょっと金額が高い?

実際のアカデミック版AdobeCCコンプリートプランの年額は26,136円ですが、デジハリの講座では動画が付いて39,980円です。
以前はもう少し安かったようですが、現在(2021年3月)の時点では、この金額になっていました。
正規のアカデミック版よりも高いですが、プラチナスクールパートナー価格なのでこの金額です。講座にAdobeCCコンプリートプランが付属していると考えると、むしろ安いように思います。

●デジハリストアで学割製品が買える

デジハリにはデジハリの学生のみが利用できるデジハリストアがあります。
そこでは在校生用に、モリサワのフォントを学割価格で購入できたり、Wacomのペンタブを特別価格で購入が可能です。
Adobeマスター講座でも利用できますので、必要な人は受講期間内に購入しておくとお得です。

Adobeマスター講座は本当に誰でも契約できる?

アカデミック版を契約するにあたり、デジハリというスクールに契約することになるのですが、そこで心配なのが、社会人でも契約して問題ないのかということですが……
もちろん、問題はありません。誰でも契約できます。

●社会人で忙しいけど、受講はできる?

Adobeマスター講座に関しては、動画視聴のみなので、空いた時間にいつでも視聴が可能です。
また動画の視聴は絶対ではありませんので、時間がなくて視聴期限を過ぎてしまっても心配はありません。課題を提出しなくてもペナルティ等ありませんので、ご安心ください。
ただどうしても動画を視聴したい方は、契約から1ヶ月以内に動画を視聴してください。デジハリの場合、動画視聴期間の延長プランはありません。

●Adobeマスター講座を契約すると他でも学割がきく?

こちらはできません。
あくまでもアカデミック版AdobeCCコンプリートプラン(12ヶ月)の購入ができるだけで、学生証の発行はありません。
映画を学割料金で観れたり、JRの学割定期券を発行したりすることはできませんので、ご注意ください。

実際にデジハリの『Adobeマスター講座』を契約してみる】

私は現在会社員ですが、実際にデジハリの『Adobeマスター講座』に申込み、契約をしてみました!

まずはデジハリ・オンラインスクールの公式ページから申込み

デジハリのAdobeマスター講座への申込ページ
こちらのURLから申込が可能です。
『講座にお申し込み』というリンクボタンをクリックすると講座についての概要が記載されたセクションに移るので、そちらをよく読んでから『講座内容、受講環境、約款を確認しました』にチェックを入れ、『Adobeマスター講座にお申し込み』という中央のオレンジのボタンをクリックします。
ちなみに『■■■本講座は<<キャンセル不可>>です■■■』というポップアップが出ますが、通信教育はクーリングオフの対象ではないという確認のものです。
Adobeのソフトや動画を見られるPC環境であれば問題ありませんが、もしいざダウンロードしようとしたらスペックが合わなくてAdobeが使えないなど無いように確認してください。 ちなみに使うPCはMacでもWindowsでもどちらでも大丈夫です。
もし心配であれば、Adobeソフトの体験版を契約前にPCにダウンロードしてみると確実です。
特に問題なけれな、OKボタンを押し次へ。次に行ってもすぐには契約となりませんので、安心してOKを押してください。
デジハリAdobeマスター講座申込ページのカート
このようなページに遷移するので、あとは必要事項を記入し、申込みをすれば完了です。

申込み後はメールをチェック

申込みが完了すると、申込みの際登録したメールアドレスへ手続き完了のメールが届いているかと思います。
私の場合、申込からすぐにメールが届いていました。
そちらを確認すると、マイページへのログインURLが記載され、そのページにログインさえすればすぐにでも受講が可能です!早い!!

Adobe CCコンプリートプラン(12カ月版)のコードの受け取り

Adobe CCコンプリートプラン(12カ月版)のコードは、また別のメールで届きます。
『<重要>Adobe Creative Cloud シリアルコード発行のご案内【デジハリ・オンラインスクール】』という件名で届いているので、捨てないよう注意してください。
このメールに記載のある『引き換えコード』というのが、Adobe CCコンプリートプラン(12カ月版)のコードになります。
その下に親切に手順や手続き用の専用サイトのURLが記載されているので、そちらから手続きをすれば、Adobe CCコンプリートプラン(12カ月版)が手に入ります!
これで完了です!

契約したその日にすぐ始められる

デジハリの講座はメールが届いていればすぐに受講できます。メールに記載のURLから、デジハリのマイページへログインしてください。そこで学びたいソフトの動画を視聴し課題をこなせば、ソフトの使い方も学ぶことができます。
💡
講座の受講期間は3カ月のみ(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)なのでご注意ください!

Adobe CCコンプリートプラン(12カ月版)も初日から使える!

Adobe CCコンプリートプラン(12カ月版)を手続きし、自分のPCへダウンロードすれば、こちらもすぐに好きなソフトを使うことができます!
Adobe CCコンプリートプランの手続きについては次の記事で詳しく記載します。私が手続きでミスしたことも記載していますので、是非参考にしてください。

契約後、高額講座への勧誘などもなし

こういう商材って、契約後にもっと高いコースや本格的な講座への乗り換えなどの勧誘が頻繁にあるのでは……と実は警戒していたのですが、2カ月経過しましたが、今のところありません。
たまに事務局からお仕事案件などの募集メールなどが来る程度で、個人的な勧誘を受けたことは一切ありません。逆に、何かクリエイティブなお仕事をしたい人なら、とてもありがたいメールです。
もっとAdobeソフトの情報を知りたい人やもっと学びたい人にはかなり物足りないかもしれませんが、Adobe CC購入にしか興味のない人には、契約しやすい講座だと思います。
以上ウエさんでした。
ウエのicon
ウエ
シンママ子1猫1。30代後半からweb制作の仕事をはじめ、現在肩こり悪化が最大の悩み。