もくじ

Adobe Acrobat Pro DCで効率化。プライベートの書類仕事も時短できるPDF活用術。

ハウツー
コロのicon
コロ

PDFはAdobe社が開発したフォーマット

PDFは、OSやデバイスに影響されずどの環境でも同じように閲覧できる特性をもっています。
Adobe社が無料配布しているAcrobat Readerで閲覧・印刷などが可能です。

Adobe Acrobat DC は全部で3種類

An image from Notion
Acrobat ReaderとProの違い
プラン
説明
Acrobat Reader DC
無料の閲覧ソフト
Acrobat Pro DC / Standard DC
有償。文書業務の電子化
Standardは使用できる機能が制限されています("検索可能なPDFに変換できない"など)
Standard はWindows版のみ

永続ライセンスについて

Adobe Acrobat 2020という永続ライセンス(買い切り)パッケージもありますが、新機能やバージョンアップ版を利用する際に買い直す必要があるためこの記事では割愛します。
Proは税込79,442 円、 Standardは税込50,347 円で永続ライセンスを購入出来ます。(2021/05 現在)
価格はアドビの製品カタログ の、Adobe Acrobat の購入オプションから確認出来ます。
アドビ製品カタログページ
Acrobat Pro2020購入ページ

Acrobat Pro DCで出来ること

画像、ウェブページ、ExcelなどをPDFに変換
PDFページの編集、結合、分割、トリミング、削除
PDFを安全に共有
署名の依頼、署名入力、電子フォームに変換

ペーパーレスで働く

署名・捺印をして返送する書類

送られてきたPDFデータを「印刷 → 署名・捺印 → スキャン → データ返信」したことがある方も多いのではないでしょうか?
これからテレワーク、リモートワークがさらに普及していくなかで効率化をはかるには Adobe Acrobat Pro DCのPDF編集 + 署名入力機能が活躍すること間違いありません。

仕事以外でも使える

「署名入力や、閲覧者のトラッキングは必要ない」
「PDFは閲覧出来るだけでいい」
という方でもAcrobatProを使ってプライベートの書類仕事の効率もアップできます。

プライベートでの使い方例

レシート・手書きのメモなどの管理
学校や地域・町内会などの配布物管理
領収書、契約書の管理
身近なところでは、財布にたまっていくレシートの管理、町内会のお知らせや学校のプリント、賃貸の入退居時に必要な書類etc。
フリーランスの方は、領収書や見積もりデータ、契約書類など。
PDF化した書類はテキスト検索ができるので管理が楽になります。

Adobe Scanとあわせて管理を簡単にする

AdobeScanは物理的な紙をPDFデータ化できる無償モバイルアプリです。
スキャナーがなくても、アプリが入ったスマートフォン・タブレットで撮影するだけでデータ化できます。
スキャンしたデータは自動的にドキュメントクラウドにアップロードされるのでPC、スマホどちらからもアクセス可能です。

ドキュメントクラウドは100GBストレージ

ドキュメントクラウドは、Acrobat Pro DCのサービスに無償で付随してくるクラウドサービスです。

他社ストレージ連携可能

Dropbox、GoogleDrive、OneDriveなど他社クラウドサービスで管理しているフォルダにアクセスして書類をAcrobatで表示・編集・保存が可能です。

Adobe Acrobat Pro DCの値段

単体アプリ

年間 or 月々、どちらかのサブスクリプションプランを選んで購入します。
1,738円/月(年間プラン)、2,948円/月(月々プラン)です。(2021/05現在)
An image from Notion
An image from Notion

コンプリートプラン

Adobe Creative Cloud(AdobeCC)は、Adobeアプリケーションをサブスクリプションで利用できるサービスの事です。
すべての製品が使えるAdobeCCコンプリートプランは 6,248円/月で契約ができます。

お得にコンプリートプランを契約する方法

Adobe Acrobat Pro DCしか使わない方は単体の年間プランが一番お得に利用できます。
他のアプリを使う方はコンプリートプランを学割料金で契約するとお得に全てAdobe製品が利用できます。

無料の編集ソフトは危険?

PDFを編集したり、複数のPDFファイルを結合したい時があると思います。
無料で使えるウェブサービスやアプリも存在しますが、改ざんや情報漏洩などセキュリティ面が気になるところです。
Acrobat Pro DCでは、PDFを安全に共有する事が可能です。
An image from Notion

AdobeのAcrobat Pro DCは高セキュリティ

閲覧・編集制限のパスワードを設定
テキストのコピーペースト・印刷拒否設定
ファイルごとに固有のリンクを発行、クラウド経由で安全にPDF共有
ファイル添付なしで共有、アクセスした人のトラッキング
PDFの作成者などプロパティから参照できるメタ情報の削除
仕事の大切な書類や、個人情報がのった書類を安全に管理することができます。
データ化して安全な場所に一元管理できるAcrobat Pro DCを導入して紙管理から開放されましょう!
コロのicon
コロ
飼い猫と食べ物のことを考えてたら1日が終わってます。Reactでいろいろ作りたい